司法試験合格者がオススメ!改正民法の学習参考書

2017年に債権法改正がなされ、2020年度より、司法試験・予備試験から民法は改正後の民法に基づき出題されるようになりました。

2021年司法試験・予備試験を受験される方の多くは、学習開始時は旧民法を学習し、司法試験に合わせ新たに改正民法を学習されているかと思います。改正民法の概要は把握したものの、このまま試験に臨むのは不安だと感じている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、改正民法で実施された2020年度司法試験合格者がオススメする学習参考書をご紹介致します。改正民法の理解に磨きをかけ、他の受験生と差をつけましょう!

目次

オススメ参考書

『Before/After 民法改正』 潮見佳男他 弘文堂

改正民法の解説書としてとても有名な本です。

この本の何より良いところは、事例に対して旧民法での回答と新民法での回答の両者を記載している点にあります。初学者段階で改正民法を学習する方はともかく、一度旧民法を学習した方は、旧民法との差を意識しながら学習しない限り、改正民法の深い理解を得ることはできません。(英語を初めて習う日本人が、英文を都度日本語訳しながら理解するようなものだと思っています。)

注意点としては、かなり細かな条文まで解説が付されているので、全てを理解するのではなく重要な条文を理解する際に辞書的に利用するのが良いでしょう。

Before/After 民法改正 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/11

『アガルートの司法試験・予備試験合格論証集』アガルートアカデミー サンクチュアリ出版
 

改正民法に基づいた論証集です。

民法の改正に伴い、既存の論点が条文化されたり、新たな論点が生じている場合があります。改正民法の全体を理解することに加え、これまでのストックしておいた論証を改正民法に対応したものへと大幅にアップデートする必要があります。

本書では、事例を交え詳しい解説とともに論証が記載されており、単なる暗記対象としてだけでなく、改正民法を理解するための参考書としてもとても使い勝手がいいのでオススメです。

『アガルートの司法試験・予備試験合格論証集』アガルートアカデミー サンクチュアリ出版

『民法演習サブノート210問』沖野眞已他 弘文堂

210問の短文事例を通じ改正民法の理解を深めることのできる一冊です。

改正民法の概要は理解したものの、いざ改正民法で問題を解くとなると自信が持てないという方、多いのではないでしょうか?

本書では、多彩な事例を扱っており、また問題文も短文でシンプルですので、この一冊を繰り返し解くことで、基本的な問題の法律構成レベルで悩むような事態は格段に少なくなります。

重要論点の処理方法を効率よく学べる受験向けの良書ですので、改正のない担保物件などの編も目を通すことを強くオススメします。

民法演習サブノート210問 (日本語) 単行本 – 2018/7/10

まとめ

以上、司法試験予備試験受験を控える方にお勧めする3冊の参考書をご紹介いたしました。

2020年度司法試験では、改正民法で実施された最初の試験でしたが、改正部分が正面から問われました。

2021年度司法試験・予備試験においても改正部分が問われることは必至で、昨年度よりも高度な問題が出題されることも想定されます。

ご紹介した参考書で理解を深め、差のつきやすいポイントである改正部分を得点源にしましょう!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

都内大学法学部▶︎都内LS中退
選択科目:労働法
趣味・特技:テニス、野球観戦(阪神ファン)
予備試験合格

弁護士が語る

/のリアル

無料登録して頂いた方に全てをお話ししています

目次
閉じる